×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カードローン ブラックとは?

ブラックリストで台無しにしないために

【カードローンをブラックリストで台無しにしないために】

 

金融機関にカードローンを申込んだとき、審査に合格することが第一歩になります。
たとえば、収入や年齢などの基本的な条件がありますが、これをクリアできるかどうかは、申込む以前に自分でも判断できることですね。

 

しかし、借入をするためには、それ以外にも大切な条件をクリアする必要があるのです。
その判断基準となるのが「信用情報機関の事故情報」で、申込先の金融機関は、借入申込者の事故情報を調べます。

 

また、「信用情報機関の事故情報」は「ブラックリスト」としての認知度が高く、借入返済の滞納や遅延がある人にとっては大変頭が痛い存在です。
さらに、「信用情報機関の事故情報」は業界で共有されるため、事故情報に載ってしまったら、一定の期間を経過するまでは新たな借入はできなくなります。

 

それを防ぐためには……、つまり、カードローンをブラックリストで台無しにしないためには、借入返済をきちんとすることです。
また、「総量規制」の対象外の銀行も含め、借入をするときは返済計画をきちんと立てることが大切です。

 

そのほか、カードローンをブラックリストで台無しにしないためにも、「クレジットカードのお得なキャンペーン」などを安易に利用しないように心掛けましょう。